So-net無料ブログ作成
検索選択

'08 CBR1000RR(SC59) ヘッドライトHID化!! ['08CBR1000RRカスタム]

ウフフ・・・アハハ・・・(^^

無駄遣い日記です!!(^^

えぇ~えぇ~(^^
またまた、無駄遣いですよ(笑)


さてさて、気になる今回の無駄遣いがコチラ!!↓

DSC03962.JPG
DSC03963.JPG

たまらんなぁ~[るんるん][るんるん][るんるん]

ADVANCED HID 08CBR1000RR(SC59)・H7(6000K、Lo/Hiセット)!!
¥15,500-!!!(某オークション 新品価格)
HIDキットにしては、なかなかリーズナブル!!(^^

数年前までHIDと言えば10万円位するものもあり、とても手が出せないイメージがありましたが、最近はネットで検索かけると、比較的低価格で導入できるじゃありませんか!!(^^


早速注文!!
ポチっと左クリックして2日くらい待つと、クロネコちゃんが笑顔で届けてくれます(^^
コワいくらい便利な世の中だ(^^


で、HIDって一体全体なに???って人もいらっしゃるかもしれないんで、ちょー簡単に説明すると(^^

ズバリ!!

ものすごーーーく明るいヘッドライトです!!(^^
アハハ・・・(^^

↓下がノーマルとHIDの比較です(^^

DSC03960.JPG
DSC03961.JPG

↑ノーマルです(^^
一般的な黄色っぽい光り方ですね~(^^


で、下の写真↓が、お待ちかねHID!!!(^^

DSC03982.JPG
DSC03983.JPG

全然違うでしょ!!(^^
真白い光で、見た目にもスタイリッシュ!!
カッチョイイ!!(^^


でもって、ヘッドライトをHID化するメリットとしては、

①凄く明るいので、ノーマルバルブに比べて夜間走行が安全安心(^^

②真っ白に光って、とてもスタイリッシュ!!
見た目にカッちょいい!!!!←これ重要!!(^^

僕の場合、いつもの如く見た目重視の②の理由で導入!!!(笑)
でも、最近ツーリングの帰りが遅くなりがちなので、実用的にも◎だな(^^



で、今回自分で取り付けたので、参考までに取り付け過程を紹介しときます(^^

参考になるかどうか??だけどね(笑)


さてさて、このHIDキット、一部簡単な穴開け加工が必要ですが、基本的にはボルトオン!!(^^

取り付け、配線自体は、ちょー簡単です(^^

DSC03963.JPG

さて、中身はこんな感じ(^^

四角いのが、バラストって呼ばれている変圧器(^^

そして真ん中の丸いケースに入ってるのが、バーナーって呼ばれてる、発光体ですね(^^

‘08CBR1000RR(SC59)の場合、左(Hi)右(Lo)1セットづつ、つまり2セット必要です(^^

↑の写真で、左(Hi)右(Lo)1台分です(^^


まずは、四角いバラストの取り付け(^^

DSC03964.JPG

比較的小さいので、どこにでもつけられそうですが、‘08CBR1000RR(SC59)の場合、取り付け位置はここ↓しかないと思います(^^;

DSC03966.JPG
DSC03965.JPG

左右2つのバラストを取り付けないといけませんが、左右共にそれぞれフロントフォーク奥のフレームに付属の両面テープで張り付けました!!

簡単に貼り付けたようですが、この取り付け位置の、位置決めが一番時間がかかりました(><

ハンドルのフルステアを妨げないように張り付けないといけないんですが、ピンポイントで取り付けないと、フルステアを妨げてしまいます!!

何回か仮取り付けを行って、フルステアを妨げない位置を根気よく探してください!!(^^

(※サイドカウル内やその他にも取り付けれないか試みましたが、スペースや配線の長さ等の制約で、僕はここに取り付けるしかないと思いました。
ただしオプションの配線の延長キットを使用すれば、タンデムシートの下等にも取り付け可能だと思います。)


バラストの取り付けが終わったら、続いてバーナーの取り付けです(^^


まずは、ヘッドライト裏のカバーと取り外します。

↓取り外したカバーに、バーナーを取り付けるための穴をあけます(^^

DSC03971.JPG

穴径はφ24mm!!
僕はドリルでサクッと開けました(^^

DSC03974.JPG

で、開けた穴にこのカップラーを通さないといけないんですが、24mm以上あってこのままでは通りません(><

DSC03972.JPG

で、開けた穴の一部をカッターで、上の写真のように加工します(^^
これだけでOK!!

DSC03975.JPG

これで、カップラーが簡単に通るはずです(^^

DSC03977.JPG
DSC03976.JPG

これで、準備完了!!

あとは、ノーマルのバルブと交換するだけです(^^

DSC03967.JPG

まずはノーマルのバルブを外します(^^

DSC03979.JPG

↑が外したところ(^^

このノーマルバルブを外したカップラーから、HIDの電源を取ります(^^

写真は、右側ライトの配線で、白が+(プラス)、緑が-(マイナス)です。
ちなみに、左側は、水色が+(プラス)、緑が-(マイナス)です。

DSC03978.JPG

これに、↑のHIDのプラグを差し込みます(^^
HID側は、水色が+(プラス)、黒が-(マイナス)です。

DSC03980.JPG

こんな感じ(^^
電源の確保は、至って簡単!!(^^

DSC03968.JPG

僕は、接続部を念のため絶縁テープでグルグル巻きにしときました(^^
(写真は左側です。)

で、後はバーナーを取り付けて、カバーを元に戻して完成です(^^

DSC03981.JPG

↑完成!!(^^

DSC03969.JPG
DSC03970.JPG

ちなみに、あまった配線類は、アッパーカウルの下の見えないところに適当にまとめてます(^^


と、まぁーこんな感じでだいたい3時間くらいで完成しました(^^

時間のほとんどは、バラストの位置決めに費やしたので、位置さえ決まれば1時間もあれば取り付け可能だと思います(^^

お店でやってもらうと、たぶん工賃が¥10,000-くらいかなぁ??

ドリルとカッター、その他一般的な工具と時間さえあれば難しい事はないので、自分でも十分取り付け可能ですよ!!


最後に、今回の取り付けは、あくまで参考です(^^

取り付けは自己責任でお願いしますm(__)m

nice!(20)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

太閤秀吉の足跡を辿る散歩ツー!! -肥前名護屋城跡~太閤道一里塚- [ツーリング・グルメ]

梅雨です(><
雨です(><
ジメジメです(><

と言うことで、ここ2、3日は梅雨真っ只中って感じの天気が続いている九州北部地方ですが、先週末は雨の予報を見事にくつがえし、華麗に晴れ!!


これは、走るしかないでしょう!!って事で、タイトルにも書いてますが、今回は「太閤秀吉の足跡を辿る散歩ツー!! -肥前名護屋城跡~太閤道一里塚-」です(^^


さてさて、太閤秀吉の足跡をたどるって事ですが、何を隠そう僕の地元の唐津市鎮西町には、その昔、太閤秀吉が朝鮮出兵に向けての本拠地として築城されたとされる名護屋城があった場所として、戦国マニアの間では密かに有名です(^^

今から約300年以上も前、全国の名だたる戦国武将が、太閤秀吉の朝鮮出兵の命を受けこの地に集結していた訳ですね~(^^

戦国ロマンだね~(^^

あっ、因みに僕、日本史って大の苦手ですよ(笑)
特に戦国時代~江戸時代までが特に苦手ですよ(笑)
おい!!!!(><

でもでも、最近密かに戦国ロマンのマイブームが、押し寄せてるんです!!
僕の中だけで・・・・(笑)



さぁ!!
前置きはこれ位にして、早速名護屋城跡を目指します(^^

DSC04006.JPG

で、最初に向かったのが、名護屋城跡博物館です!!

自宅から、約10分!!
近い!!
もちろん始めて行きましたよ(^^;


し、しかし予想より遥かに人が多いぞ(><

僕の予想では、見学に来る人なんてほとんどいない、マイナースポットなイメージがあったんですが、どうして!!どうして!!
結構な人数の人たちが見学に訪れてるじゃん(><

ホントに苦手なんだよね(><

人の多い観光地を一人で歩き回るのって(><


てな訳で、ココは↑上の写真を撮っただけで、地元の利を生かして本丸周辺の人の少ない遺産スポットを巡ることにします(^^


で、ついたのがココ↓(^^

DSC04014.JPG
DSC04008.JPG

ここは、山里口と呼ばれている本丸の北側に位置する入口の一つらしいです(^^

DSC04012-1.JPG

場所的には、こんな↑感じね(^^


DSC04010.JPG
DSC04011.JPG

なかなかの石垣ですなぁ(^^


この石垣の大半は補修や再現されたものみたいですが、当時の石垣も残っていてそれが↓下の写真です(^^

DSC04013.JPG

この辺が、当時の石垣らしいです!!

ロマンだね~(笑)
これ見たら、どうにもこうにも戦国にタイムスリップな感じ(笑)

ウフフ・・・アハハ・・・(笑)


こんな感じで、本丸周辺には、こういった石垣の跡がこの他にも残っていて見学することができます(^^


さてさて、次に向かったのは、太閤秀吉の命を受けて名護屋城の周辺に陣を構えた戦国武将の陣跡を散策です(^^

DSC04002.JPG

で3分くらい走って着いたのがこちら↑(^^

堀英治 陣跡だそうです!!(^^;


続いて、またまた3分くらい走って着いたのがコチラ↓

DSC04005.JPG
DSC04004.JPG

↑こちらは古田織部の陣跡!!(^^


・・・・・あの~、非常に言いづらいんだけど、さっきから小高い緑の山しか見てないんですけど (;一_一)

そりゃーそうだよね!!

名だたる戦国武将の陣も、300年もたてば山にもなりますよ!!


しかしマイナーだ!!
人っ子一人いない第1級のマイナースポットだ(笑)

ちょっとマイナーすぎるよ(T_T)



という訳で、次のスポットを目指します(^^

次のスポットは、今回の目玉スポットですよ!!

で、20分くらい走って着いたのがこちら↓

DSC03993.JPG

このこんもりとした森が、お待ちかねの「太閤道一里塚」です(^^

誰がお待ちかねかって言うと、何を隠そうマイナリストBMW組のきんさんなのだ!!(^^

きんさんってば、会うたびに、「太閤道一里塚に行ってみたい!!太閤道一里塚に行ってみたい!!」って寝言のように言ってました(笑)


と言うことで満を持して今回紹介に至った訳です(^^

ではでは、このこんもりとした森の下にある一里塚をご覧頂きましょう!!(^^

DSC03986.JPG
じゃん!!
んっ!?

DSC03987.JPG
じゃじゃん!?

DSC03988.JPG
じゃじゃじゃーーーん!!

アハハ・・・ウフフ・・・[黒ハート]

こちらが、きんさんがどうしても見たいって言ってた「太閤道一里塚」[黒ハート]

あまりにもリアルすぎるので、写真はちょっとモザイク処理[黒ハート]
そのまま載せるのはちょっと気が引けちゃうくらいリアル[黒ハート]

レディーのみなさんホントにごめんなさい[黒ハート]


さて、おふざけはこれ位にして、↑これが「太閤道一里塚」です(^^

そもそも「太閤道一里塚」ってなに???って話ですが、

これは、太閤秀吉が名護屋城から大阪城までの連絡手段として1里(4Km)毎に飛脚を置いて、名護屋城から大阪城を6日でつないでいたと言われています!!

つまり、1里毎に設けられた飛脚の詰め所って感じですね!!

今回紹介する1里塚は名護屋城から数えて、三つ目の1里塚です(^^

で、↑上の写真の男根を形どった石碑は、正確には太閤道一里塚にある、飛脚の安全を祈願した御神体って事みたいです(^^


ここで、せっかくなので↓コレをやっちゃうよ~(^^

DSC03991.JPG

きまった!!(笑)

でも・・・・これ、モザイクかけてるおかげで返って卑猥な感じになっちゃってるんですけど[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]


って事で、今日の太閤秀吉の足跡をたどる散歩ツーもこれで終わり(^^


帰りに久しぶりに鷹島大橋に寄り道して帰ります(^^

DSC03995.JPG
DSC03994.JPG
DSC04001.JPG

なかなか綺麗な橋ですなぁ~(^^

しかし、開通当初は10km近い渋滞が発生してたって言ってたけど、既に渋滞の「じゅ」の字も出ないほどガラガラ(^^;

こんだけ空いてると鷹島大橋のこの直線、カっ飛びたくなるなぁ(^^;


って事で、本日も無事帰宅(^^
本日の走行距離 約60kmくらい(^^

nice!(11)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。